Diary

天気:曇,血圧:163/123,体重:,歩数:,投稿:2010-11-11 (木) 00:22:30

親父のお姉さんが重体なんだって。 2010-11-11 (木) 00:22:30

Taniyanからツッコミあったので、今日の日記を書いてみるテスト。

11/22ごろに、親父の長寿祝いを親戚一同あつまってやろうという話だったのだが
おばさんが病気で重体だってことで、延期になった。
おそらく今年はもたない、次会うときが最期なんだろうということで、今週末にお見舞いに行くことになった。

親戚集まるのが お葬式ばかり ってのは問題だから、お祝いしようというのも
あったのだが、、なんだかなぁ。。世の中うまくいかないものか。

てか 親父自体、左腕が痛くてまともに動かせなくなった(五十肩?)りと
大変な年になっているのだが。

さておき、お袋のほうは、 2010-11-11 (木) 23:14:16

職場を定年退職で辞めて、
今はフラダンスやら絵手紙教室やらに通って、趣味を謳歌してる。
フラダンスはデジカメで動画を撮って、DVDにしてあげた ら大層喜んでくれた。
明日自主練習で集まるときに、 仲間がみせてほしいとか言ってたそうで。
こういうのはパソコンの独断場だから、俺の趣味等が役に立ってうれしいところではある。


追記:
おやつの時間くらいに、お袋から電話がかかってきて、
DVD再生がうまくいかない という話だった。
集会所に行ってみると、使用していたDVD機器は1999年購入のもので、
結構古い型だったため、DVD-RWは読めないということがわかった。
しかし急遽DVD-Rに焼いて持っていってみるが、やっぱり再生できない。
しかたないので今回はうちで使っているDVDプレーヤを持っていって再生した。
ネットで検索すると、焼き方によっては古いDVDプレーヤーでは再生できない
ことがわかった。
参考:PCで焼いたDVD-RがDVDプレーヤーで見れない時、考えられる原因は何か?
古い機器でもちゃんと読めるようなDVDを作らないとだめだなぁと思った。
とはいえ、うちにある機器はすべてDVD-RWまで読めてしまうのでテストができないのであった。
作成したDVD自体は非常に好評で、7人くらいの人が「私もほしい」と言っていたそうだ。
自分が作ったものをほしがってくれるのは素直にうれしいと感じた。
(その後お袋はお土産をたくさんもって帰宅した)

お見舞いに行ってきた 2010-11-11 (木) 22:08:15

夕方くらいにおじさんから電話がきて、おばさんが緊急入院したという話だったので、
すぐにお見舞いに行くことになった。
少しコミュニケーションは取れ、俺が俺だと認識できたけど、
多くの時間「痛い痛い」「トイレに行きたい」 を繰り返してた。
<どこが痛いとは言わない 身体は動かない 動かすと痛がる>
おそらく余命いくばくもない。本人もそれはわかっているのだろう。
もうちょっと元気だったときに遺書等も書いてみんなにみせたそうだ。
痛いとか苦しいのはみているだけでも辛い。
介護してる側も相当大変だろう。
いとこの姉さんは看護疲れで倒れてしまったと言ってた。
末期がん ってのは辛いな。。。

コメント

コメントはありません。 コメント/Diary/2010-11-11?

お名前:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-11-11 (木) 23:14:21 (3261d)