Diary

投稿:2018-09-07 (金) 08:27:12

URLメモ

RaspberryPi とりあえず復旧。 2018-09-07 (金) 08:27:12

SDカードの延命化をいろいろ考えてたら時間かかった。
まぁ、たいしたことはやってないんだけども。

  1. berryboot インストール、起動
  2. 最新版の Raspbian をダウンロード、インストール
  3. /tmp, /var/tmp等 のRAMDISK化
    1. /etc/fstabに以下を追加
      tmpfs           /tmp    tmpfs   defaults,noatime,nosuid,size=100m,mode=1777     0       0
      tmpfs           /var/tmp        tmpfs   defaults,noatime,nosuid,size=30m,mode=1777      0       0
      #tmpfs          /var/log        tmpfs   defaults,noatime,nosuid,size=100m,mode=0755     0       0
      tmpfs           /var/cache/apt/archives tmpfs   defaults,noatime,nosuid,nodev,size=300m,mode=0755       0       0
    2. まず最初は swap の無効化だろう!とおもってたんだが、最新版のは無効化されてたっぽい。
  4. /var/log に関してはRAMDISK化するが、起動時と終了時に元の場所に復旧・保存するように。
    1. 参考(logtomem):https://www.raspberrypi.org/forums/viewtopic.php?f=29&t=184826#
    2. 上のスクリプトそのままだと rsyslogd のログがちゃんと出力されないようなので
      killall -HUP rsyslogd
      を case start の ;; の直前あたりに追加。
  5. 使用するソフトのインストール等
    sudo apt-get update
    sudo apt-get upgrade
    sudo apt-get install fonts-noto fcitx-mozc screen w3m bc expect samba libdevice-serialport-perl apache2 php php-gd libwww-mechanize-perl chkconfig
  6. 温度センサーのやつ(gettemp)のバックアップからの復帰
    1. これもRAMDISK上で動くように改良。ログは起動終了時に復旧保存。
  7. そのほか、PING打ち続けたり、ネット使用容量やipアドレス監視する自作アプリぽいやつとかは、基本 /tmp上にログを吐くように。(べたうちしすぎで面倒だったorz)
  8. 突然電源落ちるとRAMDISK上のログは全部消えちゃうのでcronで定期的にUSBハードディスクにバックアップ。
  9. だいたい設定おわったところで、berrybootでイメージバックアップ。
    1. berrybootは複数OSをマルチ起動できるのがウリなんだが、メニューからバックアップも取れるのでそれもイイところ。

最終的には、readonlyで動かせばいつ電源ぷちっと落としても大丈夫になるから
やりたいなぁとおもってはいるんだけど、 berrybootで起動してreadonlyにする
簡単な方法ってあるんかいの?
berryboot 自体が aufsつかっているんで、そこにfsprotectぶちこむとか
なんかそんなことを既にやっているひといるんじゃないかとか、調査中。

overlayFSを使った方法なら楽そうに思えたのだが、 berrybootからの起動で使えるかよくわからん。











コメント

コメントはありません。 コメント/Diary/2018-09-07?

お名前:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-07 (金) 20:11:33 (18d)